システムの紹介

アポイントメントシステム

時間のお約束:きちんとした治療をするにはそれなりの時間が必要です。
歯科医師の体はひとつですからあっちもこっちも同時進行の治療と言うのは治療の質に問題が生じる可能性があります。

 わたしたちは患者さんの体を相手にするのですから、診療の時間が少なすぎても多すぎても問題です。必要なだけのお時間をお一人のためだけにとり、診療に当たります。
 そのために正確な治療時間をあらかじめ設定しており、次回の治療時間が何分必要か事前にわかるようになっています。
 これをお時間のお約束のシステムといいます。

「予約」と一般的に言われていますがレストランの予約とは根本的に違って、「席順を取る」のとはまったく違います。 
 この約束のシステムによって質の高い医療が平等にみなさんに供給することができるようになっています。

 そのために初診当日にすべて治療を終わらせることはできないことがありますが、お口全体を詳しく調べ治療の範囲や順序を検討して処置することにより、全体としてはかなり早期に治療を完了できると思います。

もちろん緊急の時には応急処置をいたしますのでご遠慮なく受付に申し出てください。


わたしたちが行う治療行為を二つに分けています。ひとつは Unprogramed CareでもうひとつはProgramed Careです。 これらは以下のように考えられます。

 Unprogramed Careとは予定されない治療行為です。つまり通常患者さんは痛みなど不具合を感じて来院されます。この時応急処置などを行うわけですが事前に予定された内容を行うわけではありません。その時に応じた処置が行われます。 もうひとつのProgramed Careとは予定された治療行為です。来院された患者さんの口の中を詳しく調べ治療プランが作成されます。治療プランは早く治療が終わり、負担やロスがないようにレイアウトしそれを順序だてて治療を行います。

つまり治療において場当たり的な処置を行うのではなく、精密な検査によって不確定要素を減らすことによって最高の治療を行うことができます。